« 日々の時間 | トップページ | 四文字言葉 »

2011年6月 8日 (水)

寂しさのとなりで

最近、朝から不機嫌なもも。
今日は、帰宅しても近寄ってすら来なかった。

9493

しらんふり

たぶんね、すねているんだよね。

9504

どうして、楽しいことだけで心はずっと満タンではないんだろう。

9507

楽しいとか嬉しいとかのとなりには 寂しさのタネが生まれる

9512




いつも 思うんだ

夕暮れ 急いで帰ろう

休みの日には なるべく一緒にいよう



にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ

One Loveへ

« 日々の時間 | トップページ | 四文字言葉 »

もも」カテゴリの記事

コメント

ももちゃんどうしたのかな?
けどうちも意味分からずたまに不機嫌な日ありますよ~
そして何だか寂しくなり憂鬱になります。
そしてわが子に会いたくて残業したくないから
必死に働き、休日は我が子中心の休日・・
朝起きたら機嫌良くなってるかな?

私、ちょっと病気なんじゃないかと思っておりましたが、
ももちゃんママさんも同じように早く帰ろうとか、一緒にいてあげられるときは一緒にとか思われているですね^^安心しました♪
確かにときどきすねてる時あります^^;
しかしながらスシの場合、旦那さまとオヤツで解消できるようです。
そんな様子を横目にお世話をしているのは私なのに旦那さまにべったりなスシをみて、私がすねてます・・・。

そうやって、愛情はますます深くなっていくのですね^^
だっていつだって元気なももちゃんがいいものね。

>桃太郎ママさん

今朝は、ちゃんと見てくれましたよ。
帰宅したら、迎えに出てくれるまで時間がかかったけど、昨日とは違っていました。
寂しい気持ちを体中で表現するので、こちらも寂しくなりますね。
大人になると、いろんな感情が生まれてくるんだなと実感しています。

>おんちゃんさん

私も具合が悪いのかって最初思いました。
でも、ボール遊びしたり、飛び跳ねたりしていたので
拗ねてしまったのだと思いました。
スシちゃんは、旦那さまが大好きなんですね~。
でも、それはママさんが大好きだからスシちゃんも好きなんじゃないかなぁ。
大好きなママさんが好きな人は、自分も大好きって思っているような気がします。

>manmarucoさん

お互いを気遣うという意味では、人間同士よりも繊細かもしれません。
言葉を離さないから、たくさん考えてしまうんですよね。
元気でいてほしいと願うばかりです。

私の母はよく「ごんぐりは、あひるに浸かりすぎてる。ちょっと、引きなさい」って言います。

ダリ吉も、同じようなことをいいます。

そんなこと言われても
好きなんだから仕方がないじゃない。
でも「甘やかし」とは違うんだ。

そんなことを言う母とダリ吉だって
「隠れあひるどっぷり」ですけどね~

>ごんぐりさん

心のつながりは、わんこがいるからって思うことありませんか?
わんこがいないと関係が成り立たなくなるということではなくて、わんこがいることで自分の奥底にある気持ちに気づくみたいなことです。
ももがいてくれると、みんなももを頼っている気がします。
なぜって、それは表現できない可愛さ、愛しさみたいなものがみんなの心に宿っているから。
ごんぐりさんのお母さんは、その頼っている気持ちを自分も持っていることに気づいていたのでしょうね。
ダリ吉さんもそうだよね。
みんな、あひるさんが愛しくて愛しくてたまらない。
その気持ちが強ければ強いほど、家族の心配をしてしまうのよね。

なんだか、わんこってすごいなぁって思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1287527/40320589

この記事へのトラックバック一覧です: 寂しさのとなりで:

« 日々の時間 | トップページ | 四文字言葉 »