« ここはいちごの国ですよ | トップページ | 花粉症、でてきませんように。 »

2011年3月 9日 (水)

春きにけらし

春だからって、特別なことは何にもないって、最近まで思っていた。
でも、今年の春はちょっと違う…気がする。

仕事場では、1年ちょっといたパートの子が出産のためにやめた。
その子は、本当によく出来た子で、たった1年ちょっとしか一緒に仕事をしなかったのに、やめてしまうことが残念でならなかったな。
いまだにさよならも、お礼もちゃんと言えてない。
それが、2月の最後の日。

6024

その前に、義父の妹である叔母さんが亡くなった。
私は、抜けられない仕事があって、お別れには行けなかったけど、帰宅した義父が式のことを「よかったよ」と言ったので、少し安心したのを覚えている。

6064

先日の送別会。
年配の人たちを送りながら、こういう別れをいくつ繰り返すんだろうって考える。
時が移り、記憶のかなたに蓄積されていく出来事。
私は、誰を思い出すんだろう。
誰に思い出してもらえるんだろう。

6067

そして、今日、大好きな那須のケーキ屋さんが、4月でやめるという話を聞く。
なんだろうな。
このぽっかりと空いた感じって。

初めて、心の底から美味しいと思った「モンブラン」。
そこには、その人の気持ちがあふれていた。
ものを作る気持ち、お店にやってくる人への気持ち、素材への気持ち。
何度も行けなかっただけに、心残りが募る。
閉店までに、1回は行けるかな。

6072

時が経つのは、早い。
職場の子と、半分冗談で「1日30時間あったらいいのにねー」と笑い合った。
そんなことを言いながら、頭の中で睡眠時間を計算してる自分がいる。
現実じゃあり得ないのにね。


にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ

One Loveへ

« ここはいちごの国ですよ | トップページ | 花粉症、でてきませんように。 »

つれづれ」カテゴリの記事

もも」カテゴリの記事

コメント

1日48時間欲しいなぁ~って「思っているうちは欲張りかしら?
そうすればもっと自分の時間ができるような・・・
人も動物も、お店も出会いと別れ繰り返す。
でもそれは自分自身がしっかりと覚えていれば
素敵な思い出!
その思い出を作るためにも48時間あったらと思う・・・
そうすれば限りある時間の中でもっと我が子と一緒に過ごせるのに・・・
でも現実は24時間、時間はお金では買えないし、寿命は違っても
存在する物すべてに平等に流れていて、その流れは止まらない・・・少しでも後悔のない時間おくりたいものですね

春は出会いと別れの季節ですもんね。
1日30時間あったら…、色々したいことあります。
ヴォルともっと遊びたいとか、きちんとお家のことしたいとか…。
でも限られた、平等に与えられた時間を有意義に使うことが大事なんですよね。
だから後悔がないように生きるって、思い切った簡単な生き方のようで
実はすごい難しいことなんじゃないかなって思います。

あ、なんだか語ってしまいましたが…(;;;´Д`)
限られた時間の中で、ヴォルとの今の時間を大事にしていきたいですね♪

春は出会いと別れの季節♪だなんて歌がありましたね。

まんまるこは24時間でいいな。
24時間を精一杯生きる。
疲れちゃうから今まで通りでいいんだ。
もしそれでも足りなかったら次の日にしたらいい。
焦らず、じっくり。
毎日を大切に。

って自分に言い聞かせている願望です。
身近な人の死を経験し、考え方が変わったのは確かです。
一度出会った大事なひとは忘れることは出来ません。
それは自分の財産だから。

自分も誰かのそれでありたいなって思います。


今日は堅苦しくなってしまいました^^
たまには真面目なコメントもいいでしょ?笑


追伸・・
まんまるこは近くに存在されているえびちゃさんに出会う事が出来て嬉しいですよ☆

>桃太郎ママさん

そう、1日が長ければ、それだけ長く一緒にいられる。
仕事が忙しくて、ほんの少ししかそばにいられないときは、余計にそう感じますね。
時間はお金では買えない。
本当にそうですよね。
なおさら、一緒にいる時間が愛しいですね。
いつも、思うんですよ。
いつどうなるかわからないから、この瞬間をしっかり目に焼き付けておこうって。

>kumaさん

時間がたくさんあったら、あれもできるかもこれもできるかもって思ってしまいます。
でも、限られているからこそ、そう思うんでしょうね。
私も、ももとの時間を大切にしたいって思っています。

時々、語り合うっていいですね。

>まんまるこ。さん

生き物と一緒に生活すると、時間の意味を考えます。
人間の時間ともものそれは明らかに違う。どんなに願っても、変えられないもの。
そう考えると、変わらないようで、日々変わっていることに敏感になってしまうときがあります。
特にこの春は周囲がめまぐるしく変わりました。
見過ごしそうな小さな出来事も、心に引っかかるようになりました。

皆それぞれにいろんな思いを抱えている。
そういうことに気づくせいか、最近涙もろくなってしまいました。

まんまるこさん。
ありがとう。
私も、きっと近くにいるまんまるこさんと知り合うことができて、嬉しいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1287527/39171560

この記事へのトラックバック一覧です: 春きにけらし:

« ここはいちごの国ですよ | トップページ | 花粉症、でてきませんように。 »