« 初夢、百面相祭り…? | トップページ | 待ち人来らず »

2011年1月 5日 (水)

with

ボステリのブロガーさんのところをちょこちょこ読みながら、
鼻の奥がツーンとすることしばしば。

4040

年齢に関係なく、みんな不安に思っている…。

4042

愛しいもも。
君の時間はなんて早いんだろうね。
それは、君が望んだわけでもなく、
私が望んだわけでもないけれど、
毎日「おやすみ」を言うたびに、
無防備な心と
ぬくもりと
その命の重みを感じます。

4048

みんな、不安。
こうしてそばにいて、体を心配して
心を感じ取りたくて、ずっと見つめている。

4053

君と私は、家族。
大切な存在。

4077

ヒトの言葉を持たないももへ。

4080

神様がくれた奇跡の出会いです。

4088

この世に生まれてきてくれて
ありがとう。

4089

私のところに現れてくれてありがとうね。




自分のわんこが年を重ねていき、すこしずつ変化をしていくのを
1日1日感じられるようになります。
漠然とながら、わんこの時間は本当に早いものなのだと
体で感じます。

せつない気持ちになるのは、どの人もあるものだと
ここ数日の間に、ひしひしと私の胸に伝わってきました。
その切なさを察してあげることしかできません。
ひとそれぞれに抱える感情のヒダ。



眠れない夜。
中島みゆきの歌なんぞ、2曲思い出しました。


誰だって 旅くらい ひとりきりでも できるさ
でも、 ひとりきり 泣けても
ひとりきり 笑うことは できない…
♪  (with)

最近聴いてないなぁ…。

そして、

Remember 生まれたこと
Remember 出逢ったこと
Remember 一緒に生きてたこと
そして 覚えていること
♪  (誕生)

心が疲れた時に聴くと、癒されます…。

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ

One Loveへ

« 初夢、百面相祭り…? | トップページ | 待ち人来らず »

ひとりごと」カテゴリの記事

もも」カテゴリの記事

コメント

ん~後でゲームしてる、ダリ吉に隠れて涙。
わたしは、あひるさんを大切にします。
写真でしか会えていないけど、ももちゃんだって
大切にします。

そうなんですよね・・・
改めてそのこと考えてしまうと本当凹んでしまいます・・・

桃太郎の場合いつ心臓の爆弾が爆発するかも
分からない状態で。
その爆弾不発弾であって欲しいなとか、爆発時期は寿命終えてからがいいなぁとか・・・
今は傍にいて笑わせてくれる桃太郎だけど、
いつかは離れてしまうとちょっと思っただけで
胸の中が締め付けられる思いになっちゃいます。

考えないようにしようと思っていてもやっぱり愛しい我が子のこと
考えてしまいますよね・・・

>ごんぐりさん

ありがとう。
わたしも、あひるさんには写真しか会っていないけど
とっても大切な存在なので、大事にしています。

大切に想う。
その感情も、もものおかげだと思います。
こうやって、ごんぐりさんに出会えて、
ももを大切に想ってもらえる。
すごーく、嬉しいです。

いい曲だね~。
私もね、ももが家に来た時から 心の片隅にももとの別れがいつか訪れるという事を考えています。
その事は子供達にも早くに伝えておいたような。
10年後 もも12歳 子供達は28歳と26歳。そして老夫婦な私達。
きっとももは私にとって最初で最後のワンコだろう。
その頃子供達は家を出てるだろうし、老夫婦と老犬でどんな生活してるかな?なぁ~んて えびちゃさんのブログ読んでて 妄想族したりして。
おやすみって言ってオハヨーって言える幸せ。一日一日を笑顔で仲良くだね!
まとまりない話し、長くなっちゃってごめんなさい。

>桃太郎ママさん

桃くんがパパとママに大切にされているのを
ブログを通して、伝わっています。

大切に想えば想うほど
不安が募ってしまうものですよね。

尽きることのない想い。
お二人の気持ちを、桃くんはパワーに変えてると思います。

>ひろみんさん

中島みゆきは北海道出身だったね~♪

何気ない毎日がありがたいなぁと思うよね。
休日、ももとごろごろ昼寝なんかして
無駄に過ごしてしまったなんて一度も思わない。
そうやって数時間でも、ももと一緒にまったりとすごしているのが
気持ちいいし、心も温かくなる。

一日一日、笑顔で仲良く!
その通り!good

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1287527/38353386

この記事へのトラックバック一覧です: with:

« 初夢、百面相祭り…? | トップページ | 待ち人来らず »