« 夜の攻防 | トップページ | もも的ガムの食べ方 »

2010年12月13日 (月)

ももちゃん、うさぎになっちゃった

病院で会計するとき、看護師の女性に言われた一言。
でへへへっと意味不明に笑った私。

今日の病院 【覚書】

体重測定
触診
問診(先日、うん○が緩かったので、抗生剤の注射を打ってもらったらげぼしちゃった関係のこと)
爪切り
肛門腺絞り

フード
ビルバックチュウのガム
尿検査キット
軟膏

先生から
東京へ行った時、最近都内では猫の変死が多いという話を同業者から聞いてきました。
原因は、保冷剤のようです。
保冷剤の中身は、かなり危険なのですが、意外に知られていないようです。
今度、案内を出そうと思っているんですよ。
云々かんぬん

赤くなったぽっちりについて

脳皮症、いわゆるにきびのようなものですね。
飲み薬は、嘔吐の原因になりそうなのであげられないから、やはり軟膏で対応していくことにしましょう。
ただし、使いすぎないようにしてくださいね。

洋服を着せると、毛が薄くなります。
それ自体は、とくに問題はありませんが、皮膚がカサカサしてきたり、赤くぼつぼつができてきたら、注意しましょうね。
生地が合わないということも考えられますので。

とまあ、月1回の定期検診の時には、たくさんの質問を持っていく私に、丁寧に答えてくれます。
ありがたいことです。

さて、うさぎになったももは
2943
家ではやっぱり“ももら”だった

がうがうしているので、フードをかぶせてみる

2955
なんでしか?

2957
うさももでし

緊張のあまり、腹が減ったのか、何度もおやつくれの合図を出すもも。
食いすぎだぞーと注意しても、一口でもいいから頂戴の顔。

病院の待合室では、かなり落ち着いてきた感じなのに、診察台はまだ慣れません。
でも、先生の触診が始まると、荒かった呼吸も落ち着くのよね。
ももにとって、病院はまだまだ緊張するところなので、腹が減るのかもしれん…。

 

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ

One Loveへ

« 夜の攻防 | トップページ | もも的ガムの食べ方 »

もも」カテゴリの記事

コメント

こんばんは〜。
月1の検診。。すばらしいです☆
見習わなければいけないなぁ〜と反省です(__;)
ももちゃん可愛いすぎ〜♡
おばちゃん思わず、かぶりつきたくなっちゃいました(笑)
あ〜んホント、可愛い〜〜♡♡♡

こんばんはー!
ももちゃんウサギ可愛い~(≧∇≦)。
癒されました♪♪

月に1度、検診に行かれているのですね!スゴイ!
保冷財の中身ってそんなに危険なものだと知りませんでした(+_+)。
夏場は気をつけなきゃですね。
濃皮症、早くなおりますように☆

>chaaruさん

ももは、パピコのころからちょこっとだけ、弱っちいのですよ。
それに、爪切りとか肛門腺しぼりとか耳掃除など、獣医の先生にやってもらって、飼い主は楽させてもらってます(^-^;

かぶりついたら、逆にももからかじられるぞ~。
かぷって

>sumikkoさん

ありがとうございます~。
でも、ゼンマイちゃんのモデルのほうが、かっこよかったですよ。
ももは、まだまだ修行が足りませんなぁ…。

保冷剤の件は、ももの爪切りをしているときに何気に話してくれたことです。
心配症の私は、なんでもかんでも質問するので、先生も色々と情報としてお話してくれます。
私も気をつけて、取り扱わなければと思いました!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1287527/38069667

この記事へのトラックバック一覧です: ももちゃん、うさぎになっちゃった:

« 夜の攻防 | トップページ | もも的ガムの食べ方 »