« 甘い誘惑 | トップページ | 町の人々に囲まれて »

2010年7月 9日 (金)

雨の街を

さすがに脳も体も疲れていたので、おやすみをいただき、昼間はももの病院へ。
体重測定のほか、耳掃除、爪切り、肛門腺絞り、膝のお皿を触診で診て、とくに問題なく終了。
3993
変な座り方…
3996
おやつをじっと見る。
3998
じーっと見る。

夕方から、暑気払いで飲み会の場所へ。
出かけるときには、パラパラと雨が降り出して、到着したころには傘が必要でした。

今日の集まりは、かなり笑えました。
上司もみんな笑い、たくさん食べ、たくさん飲んで、なんだか久しぶりに面白かったなぁ。
結婚した後輩男子に、いろいろ聞きだして、皆でわいわい。

その後、どうしても確認したい場所があったので、雨の中そこへ行ってみました。
4000
あった。

名前も変わっていなかった。
でも、ラーメン屋になっていた。

その昔、小さなバーだったお店「桃や」
ママさんの作る料理が美味しくて、何度も足を運んだ。
とくに、コロッケが売り切れて無くなってしまうほど絶品だった。
吟醸酒とおつまみの料理とやさしいママさんのもてなしが嬉しいお店だった。
看板犬の柴犬さくらちゃんが床にごろんと寝ていた。

時が流れるっていうのはこういうことなのかな。
雨の中、駅までとぼとぼと歩く。

若いころカクテルが好きで、よくアイリッシュバー「スカット」というお店で飲んでいた。
豊富な種類のカクテルがあり、飲みたいと思うものはほとんど口にできた。
そこで、覚えたマンハッタン。
これが、ノスタルジーを誘うほど、雰囲気のあるカクテルなのだ。
そのお店も遠くはないが移転してる。

仕方がない。
時が経つということは、否応なく年齢を重ねるということだ。
現役バリバリのときはあっても、ずっとは続かない。

降り続く雨、小さな傘のなか、同じ場所にいながら同じ自分ではないことに気づかされる。

折りたたみの傘は、やっぱり小さいな。
スカートが雨の糸で濡れた。
腕も濡れた。

帰ろう。
ももの待つ家へ。

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへにほんブログ村 犬ブログへ

« 甘い誘惑 | トップページ | 町の人々に囲まれて »

もも」カテゴリの記事

バー_スカット」カテゴリの記事

桃や」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1287527/35696626

この記事へのトラックバック一覧です: 雨の街を:

« 甘い誘惑 | トップページ | 町の人々に囲まれて »