« 笑いました | トップページ | ずるずるな日曜日。 »

2009年11月12日 (木)

ももの変化

昨日、病院へ行き薬を処方されました。
前と同じ、3種類。
幸い、ももは薬を嫌がることはないので、ドライのフードに普通に混ぜれば、いつも完食です。

病院では、びびりまくりのももだったはずが、昨日は飼い主が驚くほど愛想がよかった(先生以外coldsweats01
長い待ち時間の間、ももは来る人来る人になついて、皆さんに可愛がっていただきました。
ほんと、ももは変わりましたconfident

いつもなら診察台に乗るとびびってばかりで大変なのに、今回先生に爪を切ってもらっていたときだけは大人しかったももwink
この先生は、待合室の皆さんが口を揃えて「とにかくやさしい」の評判通り、とてもやさしくももと私たちに接してくれます。(そのうち、仲良くなってくれるとうれしいんだけどなぁ)
また、ちょっとした疑問や質問にも丁寧に答えてくれて、いろいろと相談にものっていただけるので、ちょっと心配なこともあり腎臓の件を聞いてみました。
今は健康ですが、1歳になったももの今後を考えてのことです。
先生の説明は、尿検査、血液検査、レントゲン、エコーの4種類を定期的に行えば、病気の早期発見につながりますよとのこと。

ワンちゃんの寿命は10年と、よく言われてます。
もちろん、もっと長生きをするワンちゃんもたくさんいます。
では、ワンちゃんの10年ってどのくらいの長さなんでしょう?
私たちの人生60、70年がワンちゃんの一生の時間に当てはまるなら、この1日1日の時間がものすごく早く流れているのだと実感せずにいられないのです。
いま、家族にとってももがすごく大きな存在になっているので、長く平和で健康な日々を送ってもらいたいと望んでいます。

話は変わって、待合室では2匹のパピーちゃんが登場しました。
ポメラニアンとヨーキー。
どちらも小さくて、ぬいぐるみみたい…。
そんな小さなワンちゃんを見て、パピコのももを思い出しました。
今は、7キロあるけど、我が家に来た当初は小さくてハウスから出られなかったね。

005
初めて我が家に来た時

033
それから3日後

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村

« 笑いました | トップページ | ずるずるな日曜日。 »

もも」カテゴリの記事

コメント

前に何かで、犬の1年は人の10年って記事を読んで、ハッとしたことがあります。何気なく過ごしがちな毎日ですが、一緒にいられる幸せを忘れてはいけませんよね。
それにしても、パピィのももちゃん、キュートですね。その頃のももちゃんにも会ってみたかったです。

>のこママさん
ペットショップで小さなボストンを見かけると、ついつい小さかった頃のももを思い出しますねーhappy01

ももが来て、もうすぐ1年に。
長いようであっという間だったなぁと実感ですconfident
健康でいてほしいと願うばかりですheart02

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1287527/32191653

この記事へのトラックバック一覧です: ももの変化:

« 笑いました | トップページ | ずるずるな日曜日。 »